ゴールデンハムスターとの日々。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ
にほんブログ村

  • 2013.09.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

キャベツうまうま。でも芯はキライ。

チョット日が空いてしまいました…。その間にあった出来事など。

マサムネくんが家にやってきてから、早1ヶ月半のある日。
それまでは、キャベツを買う機会がなくて、キャベツをあげたことがなかったのです。


というわけで、初キャベツ・・・。じゃなかった、初グリーンボールをあげました。
(安売りだったのです)

恒例の、これなんだろ、食べて大丈夫なの?の
吟味タイム。

匂いを嗅いで、ちょっとだけ噛んでみたり、、、
結果は、OKだったようで、またしても急にもきゅもきゅと
食べ始めました。

もしゃもしゃ.jpg

初めのうちはその場で食べていたようなのですが、途中から、

全部、巣に持って帰るんだい!
もきゅもきゅ.jpg

といわんばかりに、口に詰め込む、詰め込む・・・。

うめぇ.jpg

ちょ、、、ちょっとお顔が・・・。

ほっぺたをパンパンに膨らませて、満足気に巣へ入っていきました。


マサムネくん、もっと欲しい時は(要は足りてないゼ!って時)
貯蔵したあと、巣から顔出してきます。

まだ、ありまっせ〜とチラつかせると、
ダッシュで走ってやって来ました。

が、青いところからあげたのが良くなかったのか、
芯があった方は、キレイに芯だけ残して放置。


自分は、芯も好きなのですが、今度は蒸してから
あげてみたいと思います。

は=うま.jpg
僕はグルメだからね。

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ
にほんブログ村


ゴールデンハムスター トイレ事情

さて、マサムネくん、ゴールデンハムスターだからなのか、
家にやってきた時から、トイレは完璧でございました。

ケージの中には砂を入れた、トイレ用と砂浴び場用のコーナーを
2つ用意しています。

・ゴールデンハムスターの快適トイレ(トイレ用)


※写真はマサムネくんではありません…

・浴びっこハウス(砂遊び用)



・砂浴びのすな(トイレ&砂浴び砂) サラサラで気持ちよさそうです。
 

ゴールデンハムスターには、巣箱から離れたところを
トイレにするという習性があるらしいので、

トイレは巣箱から遠いところに、
砂浴び場は巣箱の近くに設置していたのですが、
初日から、ちゃんと思う通りに使い分けてくれてました。

砂は固まらないタイプ。
砂浴び用の砂ですが、トイレにもちゃんと使ってくれていました。

・・・そう、使ってくれていました。。。


ブログを拝見して回ってると、使われている方の多い
ほこりの少ないトイレ砂!お花畑 ペーパーサンド

砂タイプじゃないし、トイレの後に色も変わるし、
ほこりっぽくないし、固まらないし、、、オススメ!とされている方が多かったので、
自分もポチってみました。


ところが、マサムネくん、紙が気に入らなかったのか、
変えて2日目からは、いつものトイレにトイレをしてくれてません。
(匂い付きの砂もちょっと敷いていたのですが)

で、どこにしていたかというと、
砂浴び場に。

ななな、なんと〜。

その後、砂浴び場を丸洗いしてみたりしたのですが、
砂浴び場を一時的にケージから出してみたり
元のトイレは一切使わず。

むしろ、砂浴び場を撤去していた時などは
ちゃんとしたものを用意してよ!
と言わんばかりに、トイレの横にしてました。

あわわ。抗議されてます。。。


ということで、トイレを元の砂に戻したところ、
元通り、トイレでしてくれるようになりました。


結論。
マサムネくんの場合、トイレは場所よりも素材が重要。
砂じゃないとお嫌なようです。

まま、気分もあるかもしれないので、またチャレンジしてみたいと思います。

旅に出ます・・・.jpg
僕は違いがワカルんだヨ。
それにしてもトイレ事情を暴露されるとは…旅にでます。


ごめん、ゴメンよ、機嫌直してくださいな(;´Д`)
にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ
にほんブログ村


おすすめ床材ってどれなんだろ・・・

 床材は2種類をブレンドして使っています。

・ごきげん快適マット



・広葉樹マット


以前、ジャンガリアンハムスターを飼っていた時は、ず〜っと広葉樹を使っていたのですが、
ブログを読んで回っていると、『ごきげん快適マット』を使われいる方が多くいらっしゃったので、
試しにポチっと買ってみました。

使っていた広葉樹からいきなり代えて合わなかったりしたら嫌だな。
と思い、半々位にしてみました。

ケージの大掃除の後は前に使ってた床材のキレイなところを1/3、
新しい床材を2/3入れるようにしています。
全替えすると、自分の匂いがなくなって、混乱しちゃうようなので…。

お掃除後のマサムネくんは警戒して巡回していますが、
すんなり落ち着いてくれました。


くんくん.jpg
クンクン…ここはボクの縄張りであってるよね?


マサムネくんも特に嫌がっている様子はなく、
さらに、広葉樹独特の匂いが抑えられているような気がします。


以前、ジャンガリアンハムスターを飼っていた時も、
ハムスターの匂いというより、床材の匂いが気になっていた
時期があったのですが、快適マットを混ぜるようになって、
気にならなくなったので、しばらく使っていこうと思います!

これは自分の推測ですが「広葉樹」床材は、
あくまでも葉っぱを乾燥させたものなので、匂いがあるのかなと。

この辺はどうなのかな・・・?



敏感.jpg
匂いにはボクの方が敏感だと思うんだ

にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ
にほんブログ村


冬はやっぱり木のお家?

マサムネくんのケージの中にはハウスを2つ用意しています。

一つは陶器のもの
ゴールデンハムスターのおへや



もう一つは木のもの
ハムちゃんの2階でごはん Mサイズ

※底がないので、掃除しやすいです。


マサムネくんをお迎えした頃は(10月中旬)
お気に入りは陶器の方で、木のお家は、ほぼ、給餌所と化していました。


お迎え初期のマサムネくん

なんだよ、あげないよ〜.jpg
ブロッコリーは分けてあげないよ。

なんだか、やさぐれ風です。。。

なんかくれるの.jpg
ん?まだなんかくれるの?



まぁ、2階建てのお家、よくよく考えれば、
ハムスターの習性には合っていないのかもしれません。

2階にご飯が置けるので、床材が入らなくて、清潔!というところに、
心トキメキ購入したのですが、階段を使って昇っているのを
見たことがありません。むしろ邪魔そうです・・・。

ハムスターが「階段」と認識するには段差もなく、
昇りにくい坂なのかもしれません。

そんなわけで、餌を食べる時は横からよじ昇り、降りる時も横から降りる。
という使い方をマサムネくんはしています。

階段と家は取外しできるようになっていて(取り外しできるというより、作りが甘い…)
お迎え当初は、よく破壊しておりました。。。


…説明が長くなりました…


ところが最近のメインハウスは木の家。
陶器の家は匂いを嗅ぐだけで、中に入ろうともしません。
あんなに陶器の家に執着していたというのに(寒くないのかと心配したり)
今ではすっかり、木の家での生活です。

寒くなってきましたしね。
やはり木の家の方が暖かいのでしょうか。

しかし、マサムネくん、脱走願望がないようで(ビビってるだけ説はあり)
2階にあがったからといって、ジャンプするとか、全くないです。
あの場所は餌をガッツク、頬袋に詰めるところ。と認識しているようです。
なんとお行儀のいい・・・。


詰められるだけ、詰めるよ.jpg
詰められるだけ、詰めていくよ。



頬袋がパンパンです
にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ
にほんブログ村


冬支度。頑張れヒーター。


 先週、11/8(火)に立冬を迎え、肌寒く感じることが増えてきましたね。
仕事の帰りが深夜なので、昼間の方が暖かいのだろうと思うけれど、
留守にしている間のマサムネくんが気になります。

朝、夜のチェックでマサムネくんが使っているケージ内が22度を下回ることは
今のところ出ていませんが、これから先が心配ですね。

今している寒さ対策は、ケージ下のヒーターのみ。
ケージの中に入れるヒーター(ドーム型)などはありますが、
コードを噛み千切らないか、心配があったので、
消去法で、ケージの外から温められるものを選びました。

ピタリ適温プラス3号



薄さは下敷き未満といったところでしょうか。
初めて購入した時はあまりの薄さに効き目あるんかいな!?
と驚いたりしたものです…。

使い方はというと、
ケージ(ケージのお話はこちら)と、ケージを置いているテーブルの隙間に差し込んでいます。
(ケージが直置きにならないように、四隅に足のようなものが付いているので、
 テーブルと底に隙間があるのです)
ちょうど、新聞1日分を2つ折り(宅配されるときの状態)にしたものの上に乗せて、
ヒーターがほぼケージに密着するような状態にしています。

ピタリ適温3号のサイズだと、使用しているケージの1/3位が密着状態になります。
ケージ全体に密着させるのではなく、暖かいスペースとそうでないスペースを
作っておくのがコツのようなので、このサイズを選びました。

暑すぎる時の避難所を作っておくと、快適に過ごしてもらえるコツなんだそうです。

ピタリ適温には、こちらで温度調整を調整する機能はついていませんが、
なにやらセンサーによる自動制御で、
暑い時は低温に、寒い時は高温になる機能が付いているのです。
そんなわけで、24時間点けっ放しの状態で、マサムネくんのケージを
22〜24度前後を保ってくれています。


ただ、寒くなると(自分が住んでいる京都は底冷えする…)それだけで
もつのか心配なので、マイクロファイバーの膝掛けでも掛けようと思っています。


スピピ.jpg
今はまぁ適度に暖かくて気持ちいいよ。すぴすぴ。


眠っているマサムネくんも可愛いですね
にほんブログ村 ハムスターブログ キンクマハムスターへ
にほんブログ村



我が家のハム様

マサムネ
名前:マサムネ
種類:ゴールデンハムスター
   キンクマ
性別:♂
誕生:2011年8月初旬

参加しています

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハムスターと乳酸菌
    まゆりん
  • ハムスターと乳酸菌
    読者
  • 冬はやっぱり木のお家?
    読者
  • ゴールデンハムスター トイレ事情
    読者
  • ハムスターと乳酸菌
    斉藤 学
  • ハムスターの一日、密着レポ。後編。
    ニッパイ
  • ハムスターと乳酸菌
    ニッパイ
  • ハムスターと乳酸菌
    ぴょんこ
  • ハムスターと乳酸菌
    mii
  • ハムスターと乳酸菌
    mii

search this site.

   


others

mobile

qrcode

PR